第二段階・5時間目


2000年12月23日(土&天皇誕生日)晴れ

 いやー、中型の時にはこんなもんありませんでした。まるでゲームセンターのようなバイクのシミュレーター。来るはずの教習の友は結局来ず、シミュレーター室で教官と1対1になりました。
 ま、とりあえずやってみましょう。とキーを回しニュートラルを確認してエンジン始動。目の前にはでかいモニターにCGで道路が現れました。モニターの左右の下の角っちょに、ちゃんとミラーの景色が写っています。
 一応、若干バンクらしきものもするのですが、風圧も、路面やエンジンの振動も何にも感じないので、速度の感覚が全然掴めず、いったい何キロで走っているのか、もう、思いきりテキトー。
 1回道を間違えたけど、れでも、見通しの悪いカーブからセンターラインを越えて突然現れるトラックにもぶつからず、バスの影の横断歩道から突然現れる女性もちゃんと渡らせてあげたし、急にUターンかましてくるタクシーにも寸でのところでぶつからずに済んだし、右直事故も回避できたし、バスの発進も妨げずにやり過ごしました。
ただ、チャリンコで突然路上に突っ込んできたガキンチョははね飛ばしましたけどね。(^^;)
「上級者コース」にしてはまぁ良く出来たでしょう。とのことでした。
 お部屋で二人きりになった教官は、かれこれ7年半程前に中型(あ、今は普通二輪か)の免許をとるときにお世話になったことのある教官でした。普通二輪の時は特別うまくもなく、かといって今回ほどヒドイ生徒ではなかったため、印象も特別なかったと思うので、おそらく相手は思い出してはくれてないと思いつつも、一人来なかったため、時間が余ってしまったのか、危険回避関係のDVDを見ながらも、バイクの話やツーリングの話、はたまた車の話にまで花が咲いてしまって、結構楽しかったです。
 私がトライしたシミュレーターは三菱製だとのことでしたが、HONDAのは風が出てきたり、前後輪がちゃんと縦揺れして結構臨場感が向上されているそうです。(でも、高いんだって。)
 やってみてもやっぱりピンと来ないシミュレーションでしたが、教官といろいろ面白いお話ができたのは、楽しかったです。ついでに、教習簿を眺めながら「あ〜、一段階ずいぶん頑張ったんだねー」と言われました。やはり3時間オーバーは「ずいぶん」なオーバーなのでしょうか??(j_j)
 さー、あと1時間乗ったら次は見極め。
 年内は、次の1時間の実車でおしまいです。

NEXT→